治療内容

最先端治療技術



English Speaking Dentist in Hiroo, Tokyo
click here for ENGLISH site
[完全予約制]
03-5969-8241/info@yodental.jp
[診療時間]10:00〜13:00, 14:30〜18:30
土曜日は10:00〜13:00, 14:00〜16:00
木・日・祝祭日休診 | ACCESS MAP
世界水準の最先端医療

オーダーメイド治療・歯科全般・インプラント・審美・歯周・再生・咬合・レーザー・マイクロ治療・マイクロエンド(精密根管治療)・予防メンテナンス・ホワイトニング|洋デンタルオフィス広尾

HOME > 治療内容トップ > 噛み合わせ治療(咬合治療)

噛み合わせ治療(咬合治療)

歯科治療によって引き起こされる噛み合わせの悪化

歯科医院でかぶせもの(クラウン、ブリッジ、インプラント、入れ歯等の補綴物)を入れたり、歯を削られすぎたりしたために、うまく噛めない、顎が安定しない、頭痛がする、首が痛む、腕がしびれる、精神的にイライラするなどの症状が出るなどの疾患を訴える患者様が増えています。これは「咬合病(噛み合わせの病気)」と呼ばれるものです。

こうした症状は治療によって与えられた噛み合わせの悪さが原因であり、それを改善していくのが咬合治療です。

噛み合わせの問題は、驚くほど多くの身体症状と関係しています。
噛み合わせ治療によって、見た目の美しさを取り戻すのみならず、咀嚼(食べ物を咬み砕くこと)の能力を最大限に引き出したり、身体のバランスを整えたりすることが出来ます。

3次元的に自由に動く=簡単なことでずれてしまう顎の関節(顎関節)

下の顎(下顎)は、上の顎(上顎)から靭帯などで吊られているという構造上の特徴があります。このことは顎の動きを3次元的、かつ自由に動くことを可能にし、ものを噛むときに顎の位置を安定させる大きな手助けをしてくれます。

右の図を御覧下さい。
「1」の筋肉は側頭筋と呼ばれ、顎を引く運動をするときに働き、「2」の咬筋は引いた顎を戻す際に働きます。これらの筋肉が、下顎が自由に動くために機能しているのです。※注1

しかし、実はこの顎を3次元的かつフレキシブルに動かせるようなこの構造は、そのまま「顎は簡単なことでずれてしまう可能性がある」というデメリットももたらしてしまうのです。

顎のずれを制御している口腔内における山と谷(咬頭傾斜)とは

天然の歯をよく観察してみると、右の図の赤斜線、緑斜線のように山と谷が連なるような形態をしているのがわかります。これが咬頭傾斜と呼ばれるもので、顎が前後にずれてしまうのを制御する手助けをしているのです。

普段意識されることはありませんが、“天然の歯”というものは、この「咬頭傾斜」をはじめ、顎の動きに非常に重要な影響を与える機能を持ち合わせています。かぶせものをしたり歯を削ったりという治療は、こうした機能の回復を目指さなければいけないのです。

しかし実際に行われている歯科治療ではそこまで考慮されていないものが数多くあります。

典型的な咬合治療例「咬頭傾斜の喪失」

上手くものを噛むことが出来ない、また顎がずれる、口が開きにくいといった不調を訴えて来院なさった患者様がいらっしゃいます。その方の口腔内の模型写真をご覧になって下さい。この症例写真、左と右の写真の違いがわかりますでしょうか?

右の写真の歯の斜面は平らになっていて、山と谷(咬頭傾斜)が存在していません。こうした平らな歯だと上と下の歯がしっかりとかみ合わないので、あごが前後、もしくは左右にズレてしまいます。こちらの患者様は、治療によって歯の山と谷を作り噛み合わせを改善することによって、症状が改善されました。

しかし、人間(特に米を主食にする人種)は加齢共に歯をすり減らしながら歯を使って行くので、うまーく自然にすり減った歯の場合はこのケースとは異なります。

洋デンタルオフィスのオーダーメイド治療 メニュー

一般歯科全般 (top) インプラント 歯周治療
噛み合わせ治療(咬合治療) 顎関節治療 審美・ホワイトニング
ヒアルロン酸治療 予防メンテナンス 小さなお子様・妊婦様へ
マイクロエンド〜精密根管治療 レーザー治療 再生歯科医療 PRGF